銀座にあの「美ら海水族館」がやってきた! ソニービル「46th Sony Aquarium」に行ってみた

2013.8.15 10:30

記録的な猛暑が続く今年の夏。少しでも涼し気な雰囲気を味わいたいという人に、銀座 ソニービルで開催されているイベントをご紹介しましょう。沖縄の海をたっぷり楽しめますよ。


記録的な猛暑が続く今年の夏。避暑のために旅行に行くのもいいですが、仕事などで都内から動けないという人も多いことでしょう。そんな方たちに、涼し気なスポットを紹介しましょう。なんと東京は銀座 ソニービルです。

7月19日(金)から9月1日(日)まで、銀座 ソニービルでは「46th Sony Aquarium」を開催中。46回目となる今年は、沖縄美ら海水族館監修のもと、本物の魚が泳いでいます。
 

◆数寄屋橋交差点に14トンの巨大水槽が出現!

数寄屋橋交差点に面した屋外イベントスペース「ソニースクエア」には、14トンの巨大水槽を設置。ここに15種類約870匹の魚が泳いでいます。魚の種類は定期的に入れ替わっており、沖縄の海を再現しています。8月10日に新しい魚が展示されたということで、さっそく見てまいりました。
 

こちらはソニースクエアの大水槽です。ミストシャワーが設置されていて、近づくと涼しい!この水槽に入っているお魚を少しご紹介しましょう。

 

今年初めて東京にやってきた、美ら海水族館生まれのレモンザメ。他の魚を食べてしまわないように十分にエサが与えられているそうです。

 

こちらはニセゴイシウツボ。毎年この水槽にやってくるレギュラーです。1.5mもある巨大な身体で、水槽内でも目立ちます。体表の斑点模様は口の中にもありますので、実際に見に行った際には確認してみてください。

 

ちなみに大水槽は裏側へ回りこんで鑑賞すると、まるで水槽内に人や車が入っているかのように見えます。ぜひ訪れたら、水槽内を行き来する人や車をお楽しみください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング