「幼児英会話教室」をめぐり醜い争いが……

新築の大規模ファミリー向けマンションを8年前に購入したFさん。1Fの店舗スペースには「幼児英会話教室」が入ることになり、数か月も前からポストにチラシが入っていました。

英語はこれから必要だし自分の子どもにも習わせようと、オープン前から問い合わせをし、体験までして申込みをしていたそうです。

ある日同じマンション内のママから「英会話教室を申し込む時は○○ママに言った方がいいわよ」と言われたので、一瞬「えっ!何で?」と思いましたが、言われるがまま○○ママに言いに行きました。

すると「私があの教室の人数調整をしているから」と言わんばかりの話をしてきたので、既に申し込んだことを伝えると「あっ、そうですか」と言われすぐに帰されたそうです。

その後、Fさんは無事に教室には入れたそうですが、マンション内には入れなかった子も多数いたようで、同じマンションのママ達からは白い目で見られ、気まずい雰囲気の中通っていました。

後から分かったのですが、○○ママはそのマンションのボスママで、あの時○○ママは自分や自分と仲の良いママの子どもが優先的に入れるようにしたかっただけ。

「申し込む前に言っていたら絶対に止められていただろうな~怖かったです」とFさんは言います。

仲良くなったと思ったのに……格付けされていた!

横浜市内のファミリー向けマンションを10年前に購入したIさん。そのマンションは既にママ同士が仲良く、交流が盛んだったそうです。

後から引っ越してきたIさんも、そのうち仲間に入れるだろうと最初は安易に考えていたそうです。

しかし住み始めて半年経っても、そんなママ達とは挨拶程度しか交わしたことがなく、不安だった時、同じマンションに住む1人のママから声を掛けられ「今度お宅に遊びに行ってもいいですか?」という話にまで展開するくらい仲良くなったそうで、もちろん快くOK。

ところが子どもと一緒に自宅に遊びに来たそのママは、実はマンションのママ友チームの1人で、単に自宅内をチェックしにきただけでした。

調子に乗って夫の会社名や年齢など家庭内をバラすようなことまで言ってしまったことを後悔していると言います。

後から分かったことですが、マンション内のママ達は各家庭を格付けして自分達より生活レベルが低いと判断したママとは付き合わないようにしていたようです。

Iさんはそのママ達にはその後も相手にされなかったことから、見下されていたのだと思ったそうですが、子ども同士は仲が良いのに、ママ同士は仲良くできずとても辛かったと言います。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます