永作博美主演作『四十九日のレシピ』の予告が公開に

2013.8.19 10:00配信
『四十九日のレシピ』(C)2013映画「四十九日のレシピ」製作委員会

永作博美主演の映画『四十九日のレシピ』の予告編がこのほど公開された。

『四十九日のレシピ』予告編

本作は伊吹有喜の同名小説を、『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が映画化した作品。母が亡くなり、母から大切なことを聞きそびれてしまった娘(永作)と、妻に先立たれ放心状態の父(石橋蓮司)が、突然訪ねてきた少女と日系ブラジル人の青年と共に母の四十九日まで不思議な共同生活をおくる姿を描く。

予告編は安藤裕子が歌う主題歌『Aloha oe』にのせて作品のシーンの数々が映し出されるもので、母の死を機に実家に戻った娘・百合子が父と再会し、若者ふたりと出会い、共に暮らしながら母の四十九日を迎えるまでを描いている。撮影を手がけたのは、『マイ・バック・ページ』や『海炭市叙景』『桐島、部活やめるってよ』も手がけた撮影監督、近藤龍人。予告編映像に登場する詩情あふれる美しい風景にも注目だ。

主演の永作は、「最近、一段と古風な精神に近づきつつある今日この頃。両親の言葉や祖父母の言葉が身に染みて甦ります。何かを心の底にしまったまま時が過ぎてしまってはもったいないと思いました。この映画を観て、何かを踏み出す方がいてくれたら嬉しいです」とコメントしている。

『四十九日のレシピ』
11月9日(土) 新宿バルト9・有楽町スバル座ほか 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング