『距骨を整えれば不調が治る!』(志水 剛志/監修)

一般社団法人日本距骨調整協会(本社:神奈川県横浜市、代表理事:志水剛志)は、2018年2月8日に距骨(きょこつ)調整の第一人者である志水剛志監修のもと「距骨を整えれば不調が治る!」をマガジンハウスより出版いたしました。



最近、不調の原因として、俄然注目されているのが「距骨」の歪み。
でも、距骨を整える方法は、たった3つのマッサージでいいのです!


足で唯一筋肉についていない「フリーの骨」が距骨。
その距骨の歪みが、いろいろな不調の原因になっていることが、最近わかってきました。
距骨はすべての骨格の土台でもあるので、ここが歪んでいると、いくら骨盤調整をしても、効果半減です。

頭、首、肩、腰、ひざの痛み、カラダの歪み、冷え性、下半身太り‥、
何かしらの不調を抱える人は、ぜひ試してみてください。たった3分、3つのマッサージだけですから。

「足はふだんケアしていない分、ちょっとしたケアで、驚くほど成果が上がりますよ! 」(志水剛志さん)


【整形外科医・アスリートインタビュー】


磐田振一郎さん「特殊な骨だからこそ、距骨のセルフケアはとても有効です。」



Shinichiro Iwata
日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本再生医療学会認定再生医療認定医。〈リソークリニック〉院長を務める傍ら、特定非営利活動法人〈腰痛・膝痛チーム医療研究所〉で他分野の治療法に知見を広げる。


山本美憂さん「足に負荷がかかる格闘家にとって距骨調整は必須です。」


(C)RIZIN FF/Susumu Nagao
Miyu Yamamoto
レスリングの全日本女子選手権4連覇、17歳で世界選手権を史上最年少で制覇し、その後も世界選手権2連覇を果たすなど女子レスリング会のレジェンドに。
2016年から総合格闘技に参戦。
2018年のRIZINにも参戦予定。


飯沼誠司さん「関節の可動域が広くなって、代謝が上がりました。」


(C)日本ライフセービング協会 舵社ライフセービングマガジン
Seiji Iinuma
日本人初のプロライフセーバーとして活躍する一方で、タレントや俳優としてさまざまなメディアに登場。2014年、U-19日本代表監督に就任。2017年、競技に復帰し、全日本選手権で決勝進出。2018年の優勝を狙う。


【本件に関するお問合せ先】

一般社団法人日本距骨調整協会
広報担当:佐藤
E-mail:info@jakb.jp
URL:https://kyokotsu.jp

▼協会オフィシャルサイト
http://jakb.jp

▼Amazon書籍購入ページ
https://www.amazon.co.jp/MAG-MOOK-%E8%B7%9D%E9%AA%A8%E3%82%92%E6%95%B4%E3%81%88%E3%82%8C%E3%81%B0%E4%B8%8D%E8%AA%BF%E3%81%8C%E6%B2%BB%E3%82%8B-%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4838752652/ref=zg_bs_2133611051_12?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=M2QG6RDKJP4H6114BYSP

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
このページが気に入ったら、フォローしてね!!