I・Oデータ、GALAXYシリーズの純正アクセサリ機器の取り扱いを開始

2013.8.21 18:31配信
取り扱い予定のGALAXYシリーズ純正アクセサリの例(左から、ネットワークデバイス、NFCタグ、モバイルバッテリ)

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、韓国サムスン製のスマートフォン「GALAXYシリーズ」のモバイルバッテリやネットワークデバイスなど、純正アクセサリ機器の国内での正規販売代理店契約をサムスン電子ジャパンと締結することで合意した。サムスン電子ジャパンと提携し、10月上旬頃から家電量販店や携帯電話ショップなどで販売する。

世界で注目を集める「GALAXYシリーズ」のスマートフォンは、日本では2010年10月発売の「GALAXY S」を皮切りに、これまでNTTドコモとKDDI(au)が販売してきた。最新モデルは、世界では今年4月、日本では5月から販売している「GALAXY S4」。提携によって、アイ・オー・データ機器は商品ラインアップと販売チャネルを拡充し、サムスン電子ジャパンはユーザーの利便性と満足度の向上を期待しているとしている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング