NHK、放送と通信を連携させた新サービス「NHK Hybridcast」、9月2日開始

2013.8.21 19:36配信
「NHK Hybridcast」のホーム画面の例

日本放送協会(NHK)は、放送と通信を連携させたテレビ向けの新しいサービス「NHK Hybridcast(ハイブリッドキャスト)」を、9月2日11時に開始する。

第一段階の9月には、ホーム画面を提供。インターネット回線に接続した「NHK Hybridcast」対応テレビでリモコンの「dボタン」を押すと、「NHK Hybridcast」のホーム画面に、最新のニュースや気象情報、スポーツ情報、為替情報などを組み合わせて表示する。当初はNHK総合テレビで実施し、他のメディアへの展開も検討しているという。

今秋以降は、放送中の番組に関連する情報の提供や、オンデマンドで動画を提供するサービスを開始する予定。また、タブレット端末・スマートフォンなどの携帯端末と連携するサービスも検討している。具体的には、双方向クイズ番組などの視聴者参加型サービスや、番組内容を補完する解説などを想定している。

サービス開始時点の対応テレビは、東芝の液晶テレビ「レグザ Z8X/Z7/J7シリーズ」の10機種。「Hybridcast」対応受信機は、放送連携機能を拡張したHTML5ブラウザを搭載し、放送に連動・連携したインターネットの情報を放送と同等の品質で表示する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング