エレコム、11ac対応無線LANルータ「WRC-1167GHBK」と「WRC-1750GHBK」、セキュリティ機能が充実

2013.8.22 12:9配信

エレコムは、最新の無線規格IEEE802.11ac(ドラフト)に対応した無線LANルータとして、最大867Mbps対応のスタンダードモデル「WRC-1167GHBK」と、最大1300Mbps対応の超高速モデル「WRC-1750GHBK」の2機種を8月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「WRC-1167GHBK」が1万4800円前後、「WRC-1750GHBK」が1万6800円前後の見込み。

IEEE802.11ac(ドラフト)と従来規格のIEEE802.11a/b/g/nに対応。また、2.4GHz帯の11b/g/nと、5GHz帯の11ac(ドラフト)/n/aのデュアルバンドに対応する。

無線LAN子機単位で1日のインターネット接続時間を設定できる「こどもネットタイマー機能」や、Android搭載端末をウイルスから保護し、盗難・紛失時の個人情報漏えいを防ぐセキュリティアプリ「イカロスモバイルセキュリティ for Android」の90日間特別体験版が付属。信頼性の高いWPA2-PSK(AES)に対応し、「アクセスコントロール機能」など高度な無線セキュリティ機能を搭載する。

付属の「かんたんセットアップツール」を使用して、Windows搭載PCを使って簡単にインターネット接続設定ができる。無料の専用アプリ「QR link」を使えば、QRコードを読み込むだけでスマートフォンやタブレット端末の無線LAN接続設定ができ、ボタンを押すだけで無線LAN設定ができるWPS機能にも対応する。

背面には、ギガビット対応の有線LANポート×4基を搭載し、100Mbpsを超える超高速回線サービスを快適に利用できる。また、ルータ機能を無効にする「RT/APモード切替スイッチ」を備える。サイズは幅80×高さ188×奥行き240mmで、重さは約435g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング