筆まめ、年賀状ソフトの最新版「筆まめVer.24」、デザイン・イラスト30万点

2013.8.22 16:42配信
「筆まめVer.24」 通常版(左)とアップグレード・乗り換え専用

筆まめは、年賀状ソフト「筆まめシリーズ」の最新版「筆まめVer.24」を、9月6日に発売する。価格は、通常版が6380円、アップグレード・乗り換え専用が3680円。

送り先との間柄とデザインの雰囲気を指定するだけで、年賀状のデザイン候補を自動で表示。気に入ったデザインを選ぶと、賀詞やイラスト、背景を入れ替えたバリエーションを一覧表示する「年賀状デザインナビ」を搭載する。表示した候補の一つをクリックすると、さらにバリエーションを表示するので、気に入ったデザインを選ぶだけで簡単に年賀状をつくることができる。

オリジナルの年賀状をつくることができる「初笑い年賀状工房」機能を搭載。ハガキのイラストにスマートフォンのカメラを向けると映像を見られる「ARデザイン年賀状」、写真に効果線や吹き出しなどを組み合わせて漫画風の演出ができる「漫画風年賀状」、写真の切り抜きや型抜きをあしらった「スクラップブック年賀状」、10大ニュースなどを新聞風にアレンジした「新聞年賀状」、思い出を写真で振り返る「年間思い出年賀状」をつくることができる。

このほか、年賀状にひと言を添える「定型一言」100点を新たに収録。写真を選んでパターンを選択すれば自動でデザインする「フォトコラージュ」、大まかに輪郭をなぞるだけで写真を切り抜く「フォトカッター」、年賀状を手軽にデコレーションする「お絵かきペン」などの機能を備える。

DVDには、デザインやイラスト2万7727点を収録。インターネットに接続すれば、計30万点のデザイン・イラストを使用できる。また、「流麗行書体」「バジョカフォント」「TA堀内正楷書」や、手書き風和文フォント2書体を含む個性豊かな142書体のフォントを収録する。

「宛名デコ」でパターンを選ぶだけで、宛名面を華やかにデザイン。イラストや和柄などを宛名面の全面に透かし絵風に入れたり、空きスペースにシール風に入れたりできる。

対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP(SP3)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング