LINE、ビジネスカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2013」開催、音楽配信やECなどの新サービスを発表

2013.8.22 17:24配信
ビデオ通話機能

LINEは、8月21日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」に関するカンファレンスイベント「Hello, Friends in Tokyo 2013」を、千葉県の舞浜アンフィシアターで開催し、ビデオ通話や音楽配信、EC(電子商取引)など、「LINE」の新機能・新サービスを発表した。

カンファレンスで発表した「LINE」の新機能・新サービスは、「ビデオ通話機能」「LINE MUSIC」「LINE MALL」「LINE GAME」「LINE Web Store」の5項目。

「ビデオ通話機能」は、iPhone、Android、PC(Windows/Mac)の対応デバイス間で、無料でビデオ通話を楽しめる機能。今年秋に、全世界での公開を予定している。

「LINE MUSIC」は、「LINE」内で邦楽、洋楽、K-POPなど、さまざまな楽曲を購入することができる音楽配信サービスで、購入した楽曲は「LINE」上の友人と共有できる。年内に国内での提供を開始し、その後に世界中のユーザーへの提供を予定している。

「LINE MALL」は、スマートフォンでの利用に特化したECサービス。アプリ内ですべての行動を完結することができるので、スマートフォンさえあればいつでもどこでも、誰でも簡単に商品を売買できる。今年秋に、国内での公開を予定している。

「LINE GAME」では、「LINE シェイク・スピア」(制作:Alawar Entertainment)、「LINE ソニックダッシュ」(制作:セガ)、「LINE ドングリっス」(制作:Boomlagoon Limited)など、計11タイトルを秋以降に順次公開する。

「LINE Web Store」は、PCやスマートフォンのウェブブラウザで、「LINE」の有料スタンプや「LINE GAME」の有料アイテムを購入できるウェブストア。従来のApp StoreやGoogle Playによるアプリ内決済だけでなく、クレジットカード、PayPal、キャリア決済、電子マネー、プリペイドカードなど、さまざまな決算手段を利用できる。日本と台湾では9月に提供を開始し、その後に世界各国での提供を予定している。

プリペイドカードは、セブンイレブンで9月30日に、ファミリーマートで10月1日に、ローソンで10月15日に発売する。

カンファレンスでは、全世界での登録ユーザー数が前年比で460%の2億3000万人を突破したことや、1日あたりのメッセージ数が前年比440%の70億件を超えたことも発表した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング