CROSS GENE、初のホール公演に感激 「夢みたい」

2013.8.23 12:9配信
初めてのホール公演を行ったCROSS GENE 左からタクヤ、サンミン、セヨン、ヨンソク、キャスパー、シン 初めてのホール公演を行ったCROSS GENE 左からタクヤ、サンミン、セヨン、ヨンソク、キャスパー、シン

日本、中国、韓国の3か国の男性6人から成るダンスボーカルユニット・CROSS GENE(クロスジーン)が8月22日、東京・渋谷公会堂で、日本で2度目の単独ライブ「CROSS GENE Japan Live -WITH U-」を開催、初めてのホール公演で1800人を熱狂させた。

CROSS GENEの公演チケット情報

今年5月のShibuya O-Eastでの公演から会場はスケールアップ。青いペンライトで埋め尽くされた広い客席を見渡し、「ここで今、こうしてライブが出来ていることが夢みたい」(タクヤ)と大興奮。メンバーは気合い十分、「この夏の暑さに負けないくらい盛り上がって行きましょう」(タクヤ)、「僕たちとドキドキワクワクしよう」(セヨン)、「一緒に遊びましょう!」(サンミン)と盛り上げ、新曲『DIRTY POP』(8月1日配信開始)や『CRAZY』、『Amazing』などアンコールを含む全19曲を披露。アジア・グローバル・ユニットらしく、日本語、韓国語、英語と多言語で歌い、熱いパフォーマンスでファンを沸かせた。

中盤のペア・コーナーでは、個性豊かなステージを披露。タクヤとシンがローラースケートで登場し、キュートなダンスで沸かせると、キャスパー、サンミン、セヨンはそれぞれ自作曲で盛り上げた。キャスパーとサンミンがダンスチューンでクラブ空間に誘えば、セヨンはピアノの弾き語りでファンの心をがっちり掴む。ヨンソクは伸びやかな歌声で会場を魅了した。

最後は、12月14日(土)・15日(日)に東京・六本木のアミューズ・ミュージカルシアターでライブを行うことを発表。そして、メンバーそれぞれがファンに感謝を述べ、シンは「今、とても幸せです。CROSS GENEはまだまだですが、新しくて価値あるものを作って、皆さんと一緒に世界に行きたい」。タクヤは「皆さんが笑顔でペンライトを振ってくれる姿を見るといつも感動します。ライブで大事なのは皆さんです。もっと成長して、よりよいパフォーマンスを、格好いいCROSS GENEを見せられるように頑張ります。一生“WITH U”でいてください!」と呼びかけると、会場は大きな声援に包まれた。

同公演は8月31日(土)に大阪・梅田クラブクアトロでも行われる。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング