ASUS、マルチタッチ対応11.6インチ「ASUS VivoBook X200CA」などノートPC秋モデル6機種7モデル

2013.8.23 15:32配信
ASUS VivoBook X200CA

ASUSTeK Computer(ASUS)は、ノートPCの秋モデルとして、「ASUS VivoBook」シリーズの「ASUS VivoBook X200CA」「ASUS VivoBook S200E」「ASUS VivoBook S300CA」「ASUS VivoBook S551LA」、3DゲーミングPCの「G750JH」、プレミアムスタンダードPC「X750」の計6機種7モデルを、8月24日から順次発売する。いずれの機種も、OSはWindows 8 64ビット。

「ASUS VivoBook X200CA」は、CPUにインテルPentium 2117Uを採用し、10点マルチタッチ対応11.6インチワイドのグレア液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×1、USB2.0×2、HDMI出力×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

バッテリ駆動時間は約3.8時間。サイズは幅302.0×高さ25.6~30.4×奥行き200.0mmで、重さは約1.3kg。カラーは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後の見込み。9月以降に発売する。

「ASUS VivoBook S200E」は、CPUにインテルCore i3-3217Uを採用し、10点マルチタッチ対応11.6インチワイドのグレア液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×1、USB2.0×2、HDMI出力×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

美しさと検討性を兼ね備えたヘアライン加工のスリムなアルミニウム製で、Microsoft Office Personal 2013が付属する。

バッテリ駆動時間は約5.2時間。サイズは幅303.0×高さ8.5~21.7×奥行き200.0mmで、重さは約1.3kg。価格はオープンで、実勢価格は7万9800円前後の見込み。9月以降に発売する。

「ASUS VivoBook S300CA」は、CPUにインテルCore i3-3217Uを採用し、10点マルチタッチ対応13.3インチワイドのグレア液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×1、USB2.0×2、HDMI出力×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

統合オフィスソフトのKINGSOFT Office 2012 Standardが付属し、高品位なサウンドを実現する「ASUS SonicMaster」、スリープから約2秒で高速復帰する「Instant On機能」、リアルな色彩表現ができる「ASUS Splendid Technology」など、ワンランク上の操作環境を提供する機能を搭載している。

バッテリ駆動時間は約6.1時間。サイズは幅331.0×高さ21.3×奥行き234.0mmで、重さは約1.8kg。価格はオープンで、実勢価格は7万4800円前後の見込み。8月24日に発売する。

「ASUS VivoBook S551LA」は、CPUにインテルCore i3-4010Uを採用し、10点マルチタッチ対応15.6インチのグレア液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDと24GBのSSDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×2、USB2.0×1、HDMI出力×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

スリムなアルミニウム合金製で、HDDに加えてSSDを搭載することですばやい起動・復帰を実現している。また、スウェーデンの高級オーディオメーカ-、バング&オルフセン アイスパワーと共同開発したオーディオテクノロジー「ASUS SonicMaster」などの充実した機能を備える。

バッテリ駆動時間は約7.7時間。サイズは幅380.0×高さ22.5×奥行き258.0mmで、重さは約2.4kg。価格はオープンで、実勢価格は8万9800円前後の見込み。8月24日に発売する。

「G750JH」は、CPUにインテルCore i7-4700HQ、グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 780Mを採用し、17.3インチワイドのグレア液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、32GBのメモリ、1TBのHDDと265GBのSSD、BD(ブルーレイディスク)ドライブを搭載する。インターフェースは、USB3.0×4、HDMI出力×1、Mini DisplayPort×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

「NVIDIA 3D Vision 2」キットや、「SteelSeries」のヘッドセット、「ASUS ROG Gaming Mouse」、専用バッグなど、ゲーミングに必要な各種アクセサリと、ゲームアプリ『Assassin's Creed 4 BLACK FLAG』」の1ライセンスの無料ダウンロードクーポンが付属する。OSはSSD側にインストールするので、起動が速い。

このほか、冷却効果にすぐれた大型のデュアル・クーリングファン、暗闇で効果を発揮するLEDバックライト搭載のイルミネートキーボード、迫力のある重低音を再生する「ASUS SonicMaster」と内蔵サブウーファーを搭載する。

バッテリ駆動時間は約4.2時間。サイズは幅410.0×高さ18.0~58.0×奥行き318.0mmで、重さは約5.0kg。価格はオープンで、実勢価格は31万4800円前後の見込み。9月以降に発売する。

「X750」は、CPUにインテルCore i7-4700HQを採用し、4GBのメモリ、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。インターフェースは、USB3.0×2、USB2.0×2、HDMI出力×1、D-sub15ピン×1、SDXC/SDHC/SD/MMC対応カードリーダーを備える。無線通信機能は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

「ASUS SonicMaster」「ASUS Splendid Technology」など、ホームエンタテインメント分野の機能が充実。サイズは幅415.0×高さ31.25×奥行き270.0mm。「X750JB」と「X750JA」の2モデルを9月以降に発売する。

「X750JB」は、グラフィックスにNVIDIA GeForce GT 740Mを採用し、1TB(500GB+500GB)のHDDを搭載する。バッテリ駆動時間は約5時間で、重さは約2.8kg。価格はオープンで、実勢価格は10万9800円前後の見込み。

「X750JA」は、750GBのHDDを搭載し、Office Home and Business 2013が付属する。バッテリ駆動時間は約5.9時間で、重さは約2.7kg。価格はオープンで、実勢価格は13万4800円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング