ソニー、24V型液晶テレビ「ブラビア KDL-24W600A」、超解像エンジン「X-Reality PRO」搭載

2013.8.23 17:31配信
ブラビア KDL-24W600A

ソニーは、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応したハイビジョン液晶テレビ「ブラビア」シリーズの新製品として、24V型の「KDL-24W600A」を、9月14日に発売する。カラーは、ナチュラルホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

横幅7mmのアルミ製スリムベゼルを採用したシンプルで洗練されたデザイン。24V型で狭いスペースにも設置できる。

データベース型複数枚超解像技術による超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載し、デジタルハイビジョン放送、ネット動画、テレビゲーム、BD(ブルーレイディスク)など、さまざまな解像度・画質のコンテンツをリアリティ豊かに再現する。

無線LAN機能とスマートフォンの画面をテレビに映しながら充電できるMHL端子を備え、スマートフォンで表示している写真やビデオ、音楽、ウェブページなどのコンテンツをテレビ画面に表示できる。また、「Screen mirroring(スクリーンミラーリング)」に対応し、Miracast対応のAndroid搭載スマートフォンのコンテンツをワイヤレスでテレビ画面に映すことができる。

さらに、スマートフォンやタブレット端末などでテレビ番組の関連情報を見たり、ブラビアを操作したりできるAndroid/iOS向け無料アプリ「TV SideView」や、ネット動画をはじめとしたバラエティ豊かなサービス「Sony Entertainment Network」に対応している。

このほか、裏番組録画に対応したダブルチューナー(2番組同時視聴は非対応)や、外付けHDDへの録画機能を搭載。番組表からの「一発予約」に対応する。また、本体を手軽に壁にかけられる金具が付属する。サイズは幅54.5×高さ36.0×奥行き14.4mmで、重さは4.5kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング