一生に一度の夢のマイホーム。どうせ買うなら納得のいくところで納得のいく家に住みたいと思うもの。

人それぞれマイホームに求めるものは違い、理想とするイメージも違いますが、マイホーム購入でどうしても避けて通れないものといえば「予算」です。

予算内で買える家の中から理想に近いものを選ぶのが普通ですが、意外にもこの「予算」が頭から抜け落ちた行動をする人が存在しています。

一生に一度だから、どうせ買うなら良いものを…と、予算より200万円も300万円も、多い人では1000万円も予算をオーバーして買っている人は少なくありません。

予算をオーバーしてまで買ったマイホームは住み心地は良いのでしょうが、後からやってくるツケも大きいようです。安易な考えが後の大きな失敗へとつながる可能性もあります。

失敗といえば毎月のローンが家計を圧迫し、教育費が払えないといった失敗ですが、それだけではありません。

今回は、マイホーム購入経験者に聞いた、マイホーム購入の失敗談をお伝えします。

マイホーム購入!予算オーバーにも2通りある!

憧れの街で、最新設備の整った綺麗な家で生活したいと思う人は多いですね。特に女性は家で過ごす時間が男性に比べ長いことから、そう思うのは自然なことです。

しかしその思いが強くなり過ぎると「予算オーバー」を招きやすくなります。

同じ予算オーバーでも、あと50万、あと100万円足せばちょっとした我慢がなくなり、快適に住めるようになる予算オーバーもあれば、誰もが羨むような場所に住みたいという「見栄」からくる予算オーバーもあります。

前者の予算オーバーは、マンション購入を例にすると、あと100万円足せばワンフロアー上の日当たりの良い場所に住める場合や、あと100万円足せば床暖房が実現する場合などです。このような予算オーバーは生活を快適にするという観点もありますから、許容範囲であれば良いでしょう。

しかし後者の予算オーバーは前者とは違い、1000万円以上オーバーしているケースも少なくありません。

大きな予算オーバーの原因は「場所」が関係していることが多く、同じ面積で同じ建物を建てるにしても都心から少し離れれば予算内に収まるのに、無理をして都心の地価が高い場所を選ぼうとする人が実際に存在するのです。

「一生に一度だから」「夢のマイホームだから」そんな思いが予算オーバーを軽く考えてしまうのでしょう。

マイホーム購入が招く失敗は「女性の見栄」と関係している?

先程「見栄」からくる予算オーバーが出てきましたが、実はこの見栄からくる予算オーバーは女性が作り出している場合がほとんどです。

住みたい街にこだわる「見栄」に限らず、女性は「ヨーロピアン調の家具を揃えたい」「壁紙はコレでなくては」「ウッドデッキもつけたい」「オール電化がいい」など、友達が来ることを意識した見栄からくる予算オーバーが目立ちます。

では実際に、そんな見栄による失敗談をマイホーム経験者に語ってもらいました。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます