歴史的価値のある建造物が存続の危機! 神戸・塩屋の『旧ジョネス邸』保存活動。

2013.8.27 11:40配信
『旧ジョネス邸』外観 『旧ジョネス邸』外観

神戸市中心部から電車で西へ約20分。海と山に囲まれた美しい小さな街『塩屋』。その海沿いに建つ『旧ジョネス邸』は、1919年にイギリス人貿易商F・M・ジョネス氏の私邸として建設され、1963年に建物を引き継いだ山田作之助氏が現在の場所に移築、2010年には兵庫県『ひょうごの近代住宅100選』にも選出された建造物だ。この歴史ある旧ジョネス邸が、いま、存続の危機に瀕している。

ぴあ関西版WEB「旧ジョネス邸」保存活動記事

こうした洋館は塩屋に複数現存し、旧グッゲンハイム邸のようにイベントスペースや結婚式場などに活用され街のシンボルとなっている例も少なくない。しかし今年に入って、この旧ジョネス邸の解体と10階建て高層マンションの建築計画が開発業者より発表され、現在有志による保存・活用への活動が行われている。開発業者は先日、購入を希望する企業や団体があれば交渉に応じるとして解体時期の延長を決めたが、猶予期間は2013年9月末と、あと僅かとなっている。

現在、『旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会』では、旧ジョネス邸の保存・活用する道を求めて、開発業者よりの買取を目指し、資金の支援を募っている。飲食店経営やイベント企画などの事業を担う活用運用主体として、合同会社『塩屋百年舎』も設立され、オフィシャルサイトもオープンしている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング