間違えると大変!? 「人間用セルフコインシャワー」が“人間用”のワケ

横浜・中区初音町に営業中という「人間用セルフコインシャワー」。何故わざわざ「人間用」と付けられているのか、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が徹底調査してみました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!
今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
中区初音町にあるコインシャワーの店舗ですが、先日通りかかったら「人間用セルフコインシャワー始めました」と書かれていました。わざわざ「人間用」と書かれているのが気になります。(もしもしもさんのキニナル)

 

今回投稿されたのは、中区初音町に営業中という「人間用セルフコインシャワー」
コインシャワーの用途として人間が使う以外には考えにくいものがあるが、一体なぜわざわざ「人間用」と書かれているのだろうか。
真相を確かめるべく、早速現地へと向かった。

 

現地へ行ってみる

現地に着いたのは午後5時過ぎ。
京急黄金町駅で下車、平戸桜木道路を日ノ出町方面に歩いていき、2丁目の交差点で右折するとそこにひっそりと投稿にあったコインシャワーが佇んでいた。

コインシャワー店舗外観
拡大画像表示
確かに「人間用」と書いてある
拡大画像表示
 
取材時は男性が利用していた
拡大画像表示

営業しているようなので、内部を調査することに。

シャワー室は全部で5室あり、値段は10分300円。
使用中のシャワー室は入口上部のランプが光るようになっており、外から使用中かどうかが一目で分かる仕様となっている。

 
洗濯機。付近にはパチスロ情報誌も
拡大画像表示
乾燥機。ともによく見かけるタイプのものだ
拡大画像表示
 

シャワー室の他、コイン式の洗濯機、乾燥機も備え付けられており、洗濯している間にシャワーを浴びることも可能となっていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング