アジェンダ、Mac用の年賀状作成ソフト「宛名職人Ver.20」、Windows用の「宛名職人2014 Premium」も

2013.8.27 18:37配信
宛名職人Ver.20

アジェンダは、Mac用の年賀状作成ソフト「宛名職人Ver.20」を10月4日に発売する。価格は8400円。数量限定のアップグレード版は6510円、Apple Store限定版は8400円。ダウンロード版は6510円。また、Windows用の「宛名職人2014 Premium」も同時に発売する。

Macの標準的なアプリケーションが採用している自動保存に対応し、ファイルをバックグラウンドで自動保存する。作業中に手動でこまめに保存する必要がないので、安心して年賀状づくりに集中できる。

Mac OS X 10.7(Lion)から搭載するMac特有のバージョン管理機能にも対応し、誤って大切な宛先を消してしまった場合や、ミスをしたままのデザインを保存してしまったときでも、保存前の状態に簡単に戻すことができる。

住所録の一覧表を印刷する際には、従来の罫線や列・行幅の設定に加えて、新たに1行おきに背景色をつけるなどの設定項目を備える。

住所録の宛先を検索する速度が前バージョンの約4.5倍に向上。宛先件数が多い住所録でもすばやく検索できるので、年賀状の送り先の選定や住所録の更新を効率よく行うことができる。

デザインは、家族みんなが選べる多彩なデザインのほか、デザイン性の高いデザイナーズ年賀状40点以上を厳選して収録。デザインを選んでコメントを追加するだけで、スタイリッシュな年賀状をつくることができる。また、干支や縁起ものなど、デザイナー書き下ろしのイラスト100点を新規に収録しているので、イラストを組み合わせるだけで簡単にオリジナルの年賀状が完成する。

フォントは、名前によくある難しい漢字に対応した人名外字3書体や、年賀状らしい宛名に書かせない毛筆フォントなど、15書体の日本語フォントを収録。別途フォントを購入する必要はない。

対応OSは、Mac OS X 10.8で、将来バージョンのMac OS X 10.9(Mavericks)への対応も予定している。

Windows用の「宛名職人2014 Premium」は、トップメニューを一新し、Windows 8でも採用しているフラットデザインを採用した。よく使う項目のボタンを大きくすることで視認性を向上し、次の操作に進むボタンがひと目でわかる。

このほか、宛名とデザインの印刷画面の操作性を改善し、142書体のフォント、300種類以上のテンプレートを収録する。対応OSは、Windows 8/7(SP1)/Vista(SP2)/XP(SP3)。価格は、パッケージ版、ダウンロード版ともに3480円で、乗換版は2980円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング