シャープ、冬は暖房、夏は扇風機になるプラズマクラスターイオンファン

2013.8.28 16:33配信
年間を通して活躍するプラズマクラスターイオンファン

シャープは、「プラズマクラスター」機能を搭載し、冬は暖房機、夏は扇風機として一年を通して活躍するヒートイオンファン「PF-FTH1」を9月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

浮遊カビ菌の除菌や気になるニオイを脱臭し、部屋の空気を浄化する「高濃度プラズマクラスター25000」を搭載。さらに、冬はパワフルな温風で足下などを暖めるスポット暖房機、夏は扇風機として使用できる。省スペース設計のタワー型で、キッチンや脱衣所などにも設置できる。

温風機能は、520~1200Wの6段階で、季節や好みに合わせて運転強弱を切り換えることができる。温度と湿度に合わせて運転内容を自動コントロールする「風量自動モード」で、温風運転時は室温が約20~22℃になるように運転を行う。本体両サイドから空気を吸い込むダブルファン構造でパワフルな風を吹き出し、扇風機としても使用できる。

ウイルスが生存しやすい冬の乾燥・低温状態や夏の高温・高湿状態を温度・湿度センサで検知し、光と音で知らせる「みはり機能」を搭載。回転する羽根が外部に見えず、温風運転時に本体が倒れると運転を停止する「転倒自動停止機能」や「切り忘れ防止機能」などを備える。

サイズは幅260×奥行き270×高さ720mmで、重さは約6.7kg。カラーはホワイトとベージュの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング