高速道路のSA/PAで公衆無線LANサービス「C-NEXCO Free Wi-Fi」開始

2013.8.28 19:27配信
目印となるステッカー

中日本高速道路とソフトバンクモバイルは、高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)で、誰でも無料で使える公衆無線LANサービス「C-NEXCO(シーネクスコ) Free Wi-Fi」を8月30日から提供する。

災害時の通信手段の確保や平常時の利便性の向上を目的に、ソフトバンクモバイルが設置している「ソフトバンク Wi-Fiスポット」を利用したサービス。すでに「ソフトバンク Wi-Fiスポット」を提供している130か所のSA/PAでサービスを開始し、今後拡大していく。サービスエリアは建物内のフードコートなどで、該当するSA/PAには目印のステッカーを貼りつける。

スマートフォンなど、Wi-Fi機能を搭載した端末なら、事前に登録するだけで、誰でも無料で利用できる。SSIDは「C-NEXCO Free Wi-Fi」。登録にはメールアドレスが必要で、パスワードが登録したメールアドレスに届く。パスワードの有効期限は最終利用日から6か月。1回のアクセスにつき15分以内、1日3回まで利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング