お付き合いをしている男性の様子がいつもと違い、胸騒ぎを感じている女の子はいませんか?

長く付き合っているほど、相手の気持ちに敏感になっていることもあり、「自分と付き合っていることに飽きたのでは?」と感じることもあるでしょう。

そこで、「彼女に飽きた」男性が見せる本音やサインについて紹介していきます。

彼氏の行動に当てはまる場合には要注意!

飽きのサインを見逃さないことが大切

男性のちょっとした行動で「飽き」を察知する女の子もいますが、浮気をされたり別れを切り出されるまで気がつかない人も中にはいるのです。

男性にとっても、別れを切り出すことで付き合ってきた彼女を困らせたり悲しませることになり、決心がつかない場合もあります。

躊躇したり情が出たりすることで、別れを切り出せずに悩んでいる男性もいるでしょう。

そんな男性の行動から「飽き」のサインを見出すことができれば、まだまだチャンスが残っているかもしれません。

サインを発見することで、自分の行動などを改めることができ、彼氏の気持ちを引きとめることにも繋がるでしょう。

飽きのサイン1:連絡の回数が減る

付き合った当初は毎日のように連絡を取り合い、メールやライン、電話などを繰り返すカップルは多くいます。

長年付き合っていくことで少しづつ連絡を取る回数が減ることは当たり前のことです。

ですが、急に連絡の回数が減ったり、自分から連絡をしても返事が極度に遅くなるなどの対応であれば、「飽き」を感じてる証拠かもしれません。

別れるために連絡を取り合うことを控えて、相手を怒らせようと仕向ける男性も中にはいるので気をつけましょう。

冷静に対処を行い、付き合った当初のような関係にもどれるよう解決策を見出す必要があります。

飽きのサイン2:メールやラインの文章が雑

男性の中にはメールやラインが苦手な人もいるでしょう。ですが、好きな人からのメールであれば必ず返信をしますし、自分からも連絡を取ります。

しかし、相手に飽きを感じてしまうとメールが来ても返事をするのが面倒になってしまい、一言で終わらせてしまったりするだけではなく、返信もしなくなってしまうなど悲しい結末となってしまいます。

ほかにも、最初は絵文字やスタンプを使ってアレンジをしてメールやラインをしていた男性も、飽きがあれば面倒に感じて色のない文字だけの文章になります。

このような飽きのサインは見つけやすいので、別れる前に手を打つことが大切でしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます