『アベンジャーズ』続編の悪役にジェームズ・スペイダーが決定

2013.8.30 16:16配信

『アベンジャーズ2(原題)』に、ジェームズ・スペイダーが悪役で出演することになった。彼が演じるのは、英題『Avengers: Age of Ultron』にあるウルトロン。パワフルな頭脳をもつロボットだ。

マーベルのコミックで、ウルトロンはアントマンことヘンリー・ハンク・ピムが創造したということになっているが、1作目に続いて監督を務めるジョシュ・ウェドンは、映画ではその部分に触れないと語っている。また、同じタイトルの10巻にわたるコミック「Age of Ultron」も存在するが、そのコミックに基づくものでもなく、独自のストーリーになるということだ。

スペイダーはTVドラマ「Boston Legal」「The Practice」でエミー賞を3度受賞。この秋からは新番組「The Blacklist」に主演する。映画では、『セックスと嘘とビデオテープ』『クラッシュ』『セクレタリー』『リンカーン』などに出演している。

2012年に公開された『アベンジャーズ』は全世界で15億ドルを売り上げ、史上3番目のヒット作となった。続編には新しくアーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセンの出演も決まっている。続編は2015年5月に公開の予定。撮影は来年2月からロンドンでスタートする。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング