“美”と“きらめき”に彩られた映画『ファイアbyルブタン』予告編が解禁

2013.8.30 17:13配信
『ファイアbyルブタン』(C) Antoine Poupel

パリの超人気スポット“クレイジー・ホース”で80日間だけ上演されたクリスチャン・ルブタン演出、デヴィッド・リンチ音楽のショーを映画化した『ファイアbyルブタン』の予告編映像が公開された。

『ファイアbyルブタン』予告編

クリスチャン・ルブタンはフランスのファッション・デザイナーで“靴の魔術師”とも称されている人物。映画は、そんなルブタンが、パリのジョルジュ・サンクに位置するカルチャー・スポットで上演した『FIRE(ファイア)』を、『PINA/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』の撮影したスタッフが撮りおろし、まるで客席にいるような臨場感でスクリーンに再現したもの。

このほど公開された予告編は短い時間ながら次々に強烈なイメージが飛び出す刺激的な内容だ。ルブタンが細部までこだわりぬいたステージは、衣装、パフォーマンス、照明、そして空間設計が見事に調和しており、次に何が飛び出すのか予測がつかない内容と構成になっている。描かれる内容はとてもスキャンダラスで官能的だが、ルブタンの美学が宿ったステージは多くの観客を魅了する“美しさ”と“きらめき”を放っており、予告編と同時に解禁になった日本版ポスターには“連れて行くのは、美の向こう側”というコピーがデザインされている。

ルブタンが生み出すイメージは多くの女性を魅了し、単なるデザインを超えた“アート”として高い評価を集めており、本作も多くの観客から注目を集めそうだ。

『ファイアbyルブタン』
12月、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング