白ふん姿のイケメン男子が乱れ舞う! 熱血舞台、次なるステージへ

2013.8.30 23:17配信
稽古場より。木戸邑弥 稽古場より。木戸邑弥

イケメン俳優たちが白いふんどし姿で歌い踊る衝撃の舞台がパワーアップして再登場だ。熱血学園ミュージカルcube neXt『続!! 押忍!!ふんどし部!』が9月6日(金)、渋谷・CBGKシブゲキ!!で開幕する。『押忍!! ふんどし部!』、通称おすふんの初演は2010年。ナンセンスギャグ満載の青春ストーリーをイケメン男子たちが熱演して大きな話題を呼び、再演、再々演、さらにはTVドラマ化へと発展した人気作である。おすふんでは、ある高校の学園祭で行われていた伝説の“白ふん流し”を復活させるため、ふんどし部を立ち上げる男子たちの奮闘が描かれてきたが、いよいよ彼らに新展開が訪れることに! その全容を探るべく、続編の舞台、通称ぞくふんの稽古場を訪れた。

熱血学園ミュージカルcube neXt『続!! 押忍!!ふんどし部!』チケット情報

稽古開始を前にダンスのステップ練習を熱心に繰り返しているのは、おすふんで超個性的キャラを発揮してきたお馴染みの面々だ。その中に、初演と再演で主人公・富永一郎太を演じ、その後は怪我で約一年休養し、今回のぞくふんで同役に返り咲いた木戸邑弥の姿も見える。やがて全体でのダンス稽古が始まり、稽古場いっぱいに広がった十人以上もの男子の群舞に初っ端から圧倒される。カッコいい! そう、これだけで十分にスマートでカッコいいのに…。だがもちろん、彼らの魅力はそれだけじゃ終わらない。

演出の河原雅彦が姿を現すと、稽古場の集中度がさらに上昇。すぐさま一幕からの立ち稽古がスタートした。おすふんファンならご存知、まずは自分の変哲のなさを憂う富永のナンバーが聴こえてきたが……やはり続編、冒頭から何かが違う! 思わぬ展開に目を奪われるうちに、続々とふんどし部の愛すべきキャラクターたちが登場してきた。及川(川原一馬)や車先輩(田鍋謙一郎)、白神(海老澤健次)、北川(君沢ユウキ)、日野原(坂口涼太郎)、そして羽鳥三兄弟(冨森ジャスティン、金井成大、加藤諒)。おすふんワールドが身にしみ着いている彼らの息はピッタリで、本番さながらの全力投球の演技に見ているこちらも力が入る。かと思えば、不意打ちのギャグに脱力させられて…。せっかくのイケメンなのに何もそこまで…と思わずにはいられない捨て身な彼らに感嘆しつつ、笑いが止まらない。河原は、そんな常連メンバーには信頼の笑顔を向け、初舞台の新人・緒方陽太には「言葉をしっかり立てないと面白味が伝わらないよ」と穏やかに指摘する。続けて「じゃ、同じことを小松さんがやるから観てて」とムチャ振りする演出家の言葉に、稽古場がドッと沸いた。本作で変幻自在に数役をこなす小松利昌は、唖然としながらもそこは芸達者、見事なお手本を見せて皆の拍手と爆笑を引き出す。面白さの精度を追求する緻密な稽古が、真剣かつ和やかに進んでいった。

一度観たら病みつきになること請け合い、爆笑の果てに謎の感動が待っているおすふんの世界。ぞくふんで初体験する人も大丈夫、一気にその魅力を堪能できるはずだ。我々観客の助けがなければ成立しない“白ふん流し”の正体を、ぜひ劇場で体感してほしい。

公演は9月6日(金)から16日(月・祝)まで。

取材・文:上野紀子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング