エプソン、プロジェクター「EH-TW400」、会社でも自宅でも活用できるエントリーモデル

2011.12.15 19:52配信
プロジェクターのエントリモデル「EH-TW400」

エプソンは、会議や打ち合わせなどのビジネスや、家庭でのゲーム、映画鑑賞などのプライベートなど、多彩な活用できるプロジェクター「EH-TW400」を、2012年2月2日に発売する。価格はオープンで、直販サイト「EPSON Direct Shop」での価格は5万9980円。

WXGA(リアル720p)の高解像度パネルを搭載し、明るさ2600ルーメンのエントリモデル。部屋を暗くしなくても、情報量の多いプレゼンテーションやハイビジョン映像を手軽に美しく投写する。3LCD方式で、高い色再現性と階調表現をもつ。コントラスト比は3000:1。

スクリーンに対して斜め横からの投写でも、本体を動かさずに台形を補正する「ピタッと補正機能」で、限られたスペースで使用できる。

HDMI端子で映像機器やゲーム機器などとケーブル1本で接続し、ハイジョン映像を高画質で再生する。「シアター」や「ゲーム」などの視聴環境やコンテンツに合わせて、色調と明るさを最適化したカラーモードを4種類プリセットしている。

サイズは、幅295×奥行き228×高さ77mmで、重さは約2.3kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング