満席の回、続出! 劇場版『あの花』が満足度トップに

2013.9.2 17:11配信
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 (C)ANOHANA PROJECT

「ぴあ」調査による8月30日、31日に公開された映画・満足度ランキングは、人気TVアニメシリーズを映画化した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』がトップに輝いた。2位に仏の映画監督パスカル=アレックス・ヴァンサンによる記録映画『美輪明宏ドキュメンタリー~黒蜥蜴を探して~』が、3位に仲代達矢主演、小林政広監督による社会派ドラマ『日本の悲劇』が入った。

その他の写真

1位の『劇場版 あの日見た…』は、幼馴染の事故死をきっかけに、バラバラになってしまった少年少女のひと夏の奇跡を描いたオリジナルアニメーションの劇場版。出口調査では「期待していた以上! メインキャラのその後の心の変化を上手く描いていて、感情移入した」「友情や秘めた思いなどが表れていて、とてもキレイな終わり方にも満足」「登場人物の感情それぞれにスポットを当てているので理解しやすい。女の子ふたりに共感して思わず泣いてしまった」などのコメントが寄せられた。公開初日は、シネ・リーブル池袋や新宿バルト9などで満席の回が続出。「あと2回、3回は観たい!」という声もあり、リピーターによる動員増も期待できそうだ。

2位の『美輪明宏ドキュメンタリー…』は、本人への密着取材をはじめ、その華麗なる人生と、人物像を多角的に描き出したドキュメンタリー。アンケート調査では「ある覚悟をもって、自分を肯定して生きる美輪さんの姿に感銘を受けた。三島由紀夫や寺山修司との関係も描かれていて、ドキュメタリーとしてもよかった」「美輪さんは人間としてどう生きるのかを根本的に知っている。私も日々、前向きに生きていかなくてはと思った」「本人へのインタビューだけでなく、これまで美輪さんと関わった人たちが語っているので、深い話を聞くことができた」「舞台や歌、自宅の映像といったシーンもあるので、素顔がわかる内容になっていた」など、20代から60代までの観客から支持された。

(本ランキングは、8月30日(金)、31日(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング