シャープが「RoBoHoN」の開発者向けモデル「SR-X002」を発売

シャープは2月19日、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の開発者向けモデル「SR-X002」の販売を3月2日に開始すると発表した。付属のパソコン用アプリケーションを使って、ロボホンの「モーション(動き)」を自由にプログラムできるため、オリジナルのダンスやアプリケーションなどを作することが可能だ。税別の実勢価格は23万8000円と20万円台に設定した。

Windows用ソフトウェア「Motion Works for ロボホン」を付属。搭載している各モーターの可動値や動作条件などを設定することで、ロボホンのモーションを自由にプログラム。パソコンと本機をつないで、作成したモーションを実際に確認しながら作業を進めることができる。専用のスマートフォンアプリで実行させることも可能。このほか、子供向けビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」でロボホン用アプリケーションが開発できる「スクラッチパック」を付属、プログラミング教育に力を入れている学校や家庭でも活用できるようにした。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます