【お酒】もう“二日酔い”になりたくない! 即効解消法と予防法まとめ

お酒を飲む以上「二日酔い」は悩みの種。世の中にはありとあらゆる「二日酔い対策」が存在しますが、実は二日酔いのメカニズムはまだよく分かっていないのが現状だそうです。そこで今回は、お酒を飲む人なら知っておいて損はない「二日酔い」のナゾや対処法などを調べてみました。

「もう一生お酒は飲みません」

ひどい二日酔いに苦しんでいるとき、どれだけの人がそのような誓いを立てたことでしょう。

「二日酔い」さえなければお酒は楽しいもの。しかし、お酒を飲む以上「二日酔い」はいつも付きまとう悩みの種。世の中にはありとあらゆる「二日酔い対策」が存在しますが、本当に効果があるのかは疑わしいところ。というのも、二日酔いのメカニズムは、実はまだよく分かっていないのが現状だそうです。

とはいえ、昔に比べてある程度は解明されつつある「二日酔い」の謎。現在分かっていることだけでも、一生役に立つ「二日酔いの知識」を身につけることはできそうです。ここでは、お酒を飲む人なら知っておいて損はない「二日酔い」に関するアレコレを調べてみました。

 

ところで「二日酔い」って何なの?

二日酔いとは、アルコールを飲んでから8~14時間前後に生じる「頭痛、吐き気、下痢、だるさ」などを伴う不快な症状のこと。体が摂取したアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒト」というものに分解されます。このアセトアルデヒトはかなり強い毒性を持った物質で、これまではこの物質が「二日酔い」の原因と言われていました。

しかし、最近の研究ではこのアセトアルデヒトが人を「悪酔い/泥酔」状態にするものの、翌朝の「二日酔い」の直接の原因ではないとされています。代わりに直接的な原因とされているのが、アセトアルデヒトから分解して作られる「酢酸」。そして、その酢酸は最終的には「水・二酸化炭素」に分解され体外に排出されます。

適正なアルコール量であれば、肝臓の分解能力が追いつくため二日酔いになることはありません。問題は、肝臓が持つ分解能力を越えたアルコール量を摂取したとき。肝臓の分解スピードが血中アルコール量に追いつかない状態となり、大量のアセトアルデヒドが体内に蓄積。結果的に「悪酔い/泥酔」となり、次の日には「二日酔い」の症状が体に表れることになります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング