間もなくブルーレイ&DVD発売! 監督が語る『G.I.ジョー』続編&最新作

2013.9.4 10:44配信
『G.I.ジョー バック2リベンジ』を手がけたジョン・M・チュウ監督 (C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved

アクション大作『G.I.ジョー バック2リベンジ』のブルーレイ&DVDが27日(金)に発売される。そこで、本作を全世界でヒットさせ、早くも続編の監督に就任したジョン・M・チュウ監督に改めてヒットの理由や準備中の新作について語ってもらった。

その他の写真

『G.I.ジョー』は、アメリカ政府が組織した国際機密部隊“G.I.ジョー”と、世界征服を企む悪の武装集団“コブラ”が壮絶な戦いを繰り広げる様を描いている。『… バック2リベンジ』では“G.I.ジョー”が襲撃を受け、生き残った数少ないメンバーが、伝説の司令官ジョーの助けを借り、再び勢力を拡大したコブラたちに立ち向かう姿を描く。

スティーヴン・ソマーズからシリーズを引き継いだチュウ監督は、ブルース・ウィリスやドウェイン・ジョンソンを新キャストに迎えてシリーズを飛躍させた。「みんな、現実逃避をして冒険に出られる映画を求めていたと思うんだ。この映画は忍者や軍隊、『007』のような要素や、スーパーヒーロー的な要素、西部劇の要素がすべて融合したようなユニークさがあって、観客には新鮮なんだと思う。僕はジャンルをゴチャ混ぜにするのが大好きだし、スーパーヒーローの話はたくさんあるけれど、G.I.ジョーは常に時代を先駆けているところがあったと思う」。

監督はカリフォルニア出身で、幼少期からG.I.ジョーのフィギュアで遊んできたため、キャラクターに深い愛着がある。「ロードブロックはコミックでは常に脇役的な存在だったけど、今回は主要なキャラクターとして登場した。そうやって、常に存在はしていたけれども表舞台に立っていなかったキャラクターを大俳優たちに演じてもらうのはとても楽しかったね。スネークアイズは面白いし、ロードブロックと対等に向き合って一言も言わずにジョークを交わすことができる。ロードブロックも親しい仲間として彼を扱うしね。忍者の友達なんて誰もが欲しいものだと思う。僕が子供の時も、いつも忍者の親友を想像して楽しんでいた。スネークアイズはどこにいようとどんな条件下であろうと、とにかく黙って結果を出す。スネークアイズを見て、人々は彼のようになりたい、彼のような友達が欲しいと望むと思う。それこそがヒーローの定義だ」。

「自分が子どもの頃に思い描いていた“G.I.ジョー”を描きたい」というチュウ監督は、早くも次回作に想いをはせている。「“今回は実現できなかったので、次回作でやれれば”と思ってることはたくさんあるよ。2作目ではまだ1作目からのつながりで整理をしなくてはならないことも多かったし、望むほど“リベンジ”の要素を強調することができていなかったから。2作目で新しいキャラクターが登場し、新たなトーンでストーリー展開したものを『G.I.ジョー3』ではさらにバージョンアップさせて深めていきたいと思っているよ」。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』
9月27日(金) ブルーレイ&DVDリリース
レンタル/オンデマンド配信同時リリース
9月18日(水)ダウンロード先行配信

いま人気の動画

     

人気記事ランキング