付き合っている彼氏の態度がなんだかおかしい。デートのドタキャン、連絡も間遠になって、私から距離を取ろうとしているみたい。

「もしかしてフェードアウトしようとしてる? 理由も言わずに一体どうして!?」

こんな経験をする女性は少なくありません。

男性が交際相手に別れも告げないで恋を自然消滅させてしまうのはどうしてなのでしょう?

今回は恋をフェードアウトする男性心理と対処法についてお話ししたいと思います。

男性が恋をフェードアウトしたくなる心理

まずは、なぜ男性が恋をフェードアウトさせることを狙うのか、を紹介します。

生の男性の声を受けていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

1: 理由が上手くいえない

「なんとなく会いたくない。会っても楽しくないというか、向こうもそうだと思っていて、それがずっとなのか、間を置けば変わるのか……今はそれがハッキリしないんですよね。

彼女は絶対理由を聞いてくると思うんです。いろいろ聞かれても理由が上手く言えない。なので会うのは本当に億劫で避けたいので、黙っている感じです」(26才/会社員)

男性は元々気持ちを言葉にするのが苦手です。

好きな気持ちでさえそうなのですから、整理のついていない別れの理由など述べるのは最も避けたいことでしょう。

2: 揉め事が嫌い

「1度浮気したことがあって、ものすごく責められました。自分が悪いんですけど、しばらく距離を置きたいとか言い出すと『またすごく責めてくるんだろうな』とか……揉め事が嫌なんです。

仕事も大変な時期で煩わされたくないというか、距離を置きたいのもそれが理由なんです」(24才/広告代理店)

恋愛で自分の気持ちを話すことと同時に男性が嫌うのが「責められる」こと。

過去に恋人との間で揉め事があって責められた経験を持つ男性は、それを避けるためにフェードアウトに持ち込むことが多いです。

3: 傷つけたくない

「恋愛じゃないと気づいたけど嫌いな子じゃないんです。悲しそうな顔や泣き顔を見たくないし、これ以上俺の言葉で傷つけたくない。

自分勝手かもしれないけど自然に消えていけば、今はどうして? と思っても、いつか忘れてくれるんじゃないかと」(29才/塾講師)

女の子にすれば、なんと身勝手な! と感じる理由ですが、このような「気遣い」(のつもり)の男性は少なくないです。

4: 面倒臭い

「会って話す時間も無駄な気がしちゃってます。メールやLINEなんかも、ひっかかることを書くとバンバン返信が来て疲れるのが目に見えている。

悪いとは思うけど、説明するのがとにかく面倒臭い。それくらい冷めちゃったってことかもしれないです」(27才/公務員)

ここまで関係が冷えていたとすれば、女の子側にも何か予兆があったのではないでしょうか? 修復は難しそうなパターンですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます