ソニー、CDラジオカセットメモリレコーダー「CFD-RS500」、カセットテープ音源に対応

2013.9.5 18:49配信
CFD-RS500

ソニーは、CDやラジオ番組、カセットテープの音源をメモリカードに録音できるCDラジオカセットメモリレコーダー「CFD-RS500」を10月5日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。コンパクトなCDラジオカセット「CFD-S50」も同時発売する。

カセットテープや、CD、FMステレオ/AMラジオ放送のメモリカードへの録音に対応。カセットテープ(60分)なら約66本分、CDなら約990曲分、ラジオ番組なら約66時間分に相当するデータを4GBのメモリカード1枚に録音して、再生もできる。

マイク入力端子に別売のマイクをつないでカラオケを楽しめる。また、歌声のメモリカードやカセットテープへの録音にも対応。イベントなどで拡声器としても使用できる。

対応メディアはSDカード/メモリースティックデュオ。サイズは幅366×高さ146×奥行き238mmで、重さは約3.0kg。

同時発売の「CFD-S50」は、暗い場所でも視認性の高いバックライト付き液晶モニタや、斜めの配置で押しやすい大型ボタンを採用する。音楽やラジオのほか、マイクをつないでカラオケも楽しめる。

サイズは幅320×高さ139×奥行き219mmで、重さは約2.0kg。カラーは、ホワイト、ピンク、ブラックの3色。価格はオープンで、実勢価格は7000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング