好きになった彼。なんだかんだ理由をつけられ「付き合えない」と言われても、会い続けてしまう。

「ごめん」と謝られて、許せないけど許してしまった。

「私たち付き合ってるの?」と責めれば、「えっ?付き合ってると思ってた」と平気な顔で言う。

あいまいなまま続けて来たけれど、別の女との関係が発覚……。

こういった“ひどい男”は多いです。でも、本人はひどいなんて思っていないことがほとんど。

今回は、自分がひどい男だと思わない理由と、女がこんな言い訳を信じる理由について考えてみました。

「ごめん」と謝られると好きだから……

好きな人のことは全部許してしまう、優しさが裏目に出るタイプの女がいます。

「ごめん」の言葉や頭を下げられると、お人よしなので許してしまうのです。彼は適当に謝っていることが多いのですが。

「付き合えない」と言われても…

ひどいなんて思っていない男の言い分は「付き合えないって言ったんだから俺は悪くない。勝手について来るから相手をしている」です。

つまり上から目線全開の遊びなのですが、女は「一緒にいるだけで幸せ」と思ってしまうのです。幸せの設定が低いとそれでもいいと考えてしまうようです。

そのうちだんだん男側が面倒になってくるか、新しい女が現れてさようなら……という結末が待っています。

「付き合ってると思ってた」の言い訳を本気に

騙されてはダメ。「付き合ってください」と彼が言葉にして「はい」とこちらが言うまでがワンセットです。それがないのに「付き合っている」と勝手に思い込んでいる女は多いようです。

“証拠”(言葉のワンセット)がないと、交際しているとは言えません。

はっきりしておかないと「言ったと思ってた」「付き合ってるつもりだった」と、都合のいい言い訳をされてしまいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます