「G3310」(左)と「G1310」

キヤノンは2月22日に、インクジェットプリンタの新製品として、特大容量タンクを搭載した「G3310」「G1310」と、「PIXUS(ピクサス)」シリーズのエントリーモデル「PIXUS TS203」を発売する。価格はいずれもオープン。

特大容量タンクモデル「Gシリーズ」の「G3310」と「G1310」は、本体前面にインクの残量がひと目でわかる特大容量タンクを搭載。本体にブラック2本、カラー(シアン/マゼンタ/イエロー)各色1本ずつのインクボトルが付属し、大容量インクボトル各色1本で、ブラックなら約6000ページ、カラーなら約7000ページを大量印刷できるので、従来のインクカートリッジを使用する機種と比較してインク交換の頻度を大幅に低減した。

印刷コストは、A4カラーで約0.8円、A4モノクロで約0.3円と低ランニングコスト。また、高密度プリントヘッド「FINE」技術によってA4でモノクロ約8.8ipm、カラー約5ipmの高速プリントを可能にした。なお、顔料ブラックインクと染料カラーインク3色(シアン/マゼンタ/イエロー)の4色ハイブリッドインクなので、粒状感を感じさせない写真で、店内POPなどのPRツールを美しくプリントする。対応OSはWindowsのみ。

「G3310」は、プリント、スキャン、コピーができるインクジェット複合機。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応し、見やすい1.2型モノクロ液晶モニタや、無線LAN接続をサポートするダイレクトボタンを備える。キヤノンオンラインショップでの税別価格は3万9880円。

「G1310」はコピー機能や液晶モニタ、無線LANを省いた単機能のインクジェットプリンタ。キヤノンオンラインショップでの税別価格は2万4880円。

「PIXUS TS203」は、幅が約426mmのコンパクトなスクエア形状の新デザインを採用したインクジェットプリンタのエントリーモデル。本体には光沢のあるグリッドパターンの表面処理を施し、指紋や傷がつきにくく、手入れもしやすい。

写真に強い染料カラーインクと文字に強い顔料ブラックインクの4色ハイブリッドの「FINEカートリッジ」を採用。インクカートリッジは標準容量タイプに加えて、別売で、コストパフォーマンスに優れた大容量タイプも用意している。キヤノンオンラインショップでの税別価格は6880円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます