大阪・梅田に「花粉 大ぴちょんくん」が登場

ダイキン工業(ダイキン)は2月20日、「空気の看板」と称して大阪・梅田に設置した「大ぴちょんくん」が花粉の量が多い日に「花粉 大ぴちょんくん」となって登場して花粉によるアレルギーへの注意を呼びかけると発表した。昨年は2月26日に登場した。

大ぴちょんくんがマスクをつけて涙目で登場し、「非常に多い」「多い」「やや多い」の3段階で知らせる。大阪の花粉シーズンは2月下旬から。飛散量は、例年と比べて65~105%、昨年と比べて70~110%と、「やや少ない」見込みで、いくらか安心できるといえるが、油断は禁物だ。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます