「ショートタイムワークアライアンス」で超短時間勤務制度の普及を目指す

ソフトバンクは2月20日、障がいによって長時間勤務が困難な人が週20時間未満で就業できる「ショートタイムワーク制度」の普及を産学連携で推進する「ショートタイムワークアライアンス」を、東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野(東京大学先端研)と協力して発足させると発表した。

ショートタイムワークアライアンスは、企業や自治体が参加することができ、超短時間から就労できるショートタイムワーク制度を社会に広めるとともに、時間や障がいにとらわれず、一人一人が特性を生かしながら挑戦することができる社会を目指すもの。ソフトバンクグループと東京大学先端研は、障がい児の社会参加の機会促進を目的に2009年から「魔法のプロジェクト」を実施。ソフトバンクは、このプロジェクトをきっかけに16年5月からショートタイムワーク制度を本格導入していた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます