ソニーのヘッドホンの「センター」に位置付ける「MDR-1AM2」

ソニーはハイレゾ楽曲の音源を忠実に表現するステレオヘッドホン「MDR-1AM2」を3月10日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万円前後の見込み。

「MDR-1AM2」はソニーのヘッドホンの「センター」という位置づけで、どんなジャンルの音楽もいい音で楽しめるというコンセプトで製品化した。

新開発の40mm HDドライバーユニットでは、自然界の花からヒントを得た形状の「フィボナッチパターングリル」を採用。空気の伝搬を阻害せず、なめらかな超高域特性を実現。さらにアルミニウムコートLCP振動板では、ドーム部の剛性を高めて形状を改良して高音域の感度を向上。クリアで緊張感のある高音域のボーカル音と、安定した低音の質の向上につなげた。

また、イヤーパッドの素材と形状を改良した。イヤーパッドの素材は吸放湿性に優れた合皮を、イヤーパッド内部は低反撥のウレタン素材を採用。縫い目が耳の周辺に触れないような縫製を施すなどして、前機種「MDR-1A」とは異なるしっとりとした装着感を実現した。小型・軽量化も図り、重さは従来の約225gから約187gに軽くなった。

Ф4.4mmバランス標準プラグ採用のヘッドホンケーブルも付属し、ウォークマン「NW-ZX300」をはじめ、対応機種とバランス接続できるようにした。カラーは「NW-ZX300」とマッチする、高級感あるブラック、シルバーの2色。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます