オムニチャネル化を実現する「Connect Storm」

楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズは2月20日、大規模コンタクトセンターのさまざまな顧客チャネルに対応し、多くのサードパーティシステムとの連携が可能なクラウドコンタクトセンターサービス「コネクト・ストーム(Connect Storm)」の提供を4月に開始すると発表した。利用料金は、月額1万2000円を予定している。

Connect Stormは、英Content Guruのコンタクトセンター向けクラウドプラットフォームを採用。「Salesforce」「Microsoft Dynamics」などのCRMと連携が可能なほか、AIの活用、リアルタイムレポート作成のカスタマイズ、さまざまな統計分析を行う連携ツールの提供などによってオムニチャネル化を実現する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます