あの「白ふん流し」から1年。熱血学園ミュージカルが開幕

2013.9.6 20:00配信
熱血学園ミュージカル『続!!押忍!!ふんどし部!!』     撮影:桜井隆幸 熱血学園ミュージカル『続!!押忍!!ふんどし部!!』 撮影:桜井隆幸

本日、9月6日より東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!(渋谷109隣のビル6F)にて、熱血学園ミュージカル『続!!押忍!!ふんどし部!!』が開幕する。

熱血学園ミュージカル『続!!押忍!!ふんどし部!!』 チケット情報

同作は、脚本・細川徹&演出・河原雅彦のタッグによるパワフルナンセンスコメディ『押忍!!ふんどし部!』(2010年初演)の続編となる新作舞台。2010年の初演では、若者達のまっすぐなパワーと、バカバカしくも、ラストにはピュアな感動を呼び起こす青春群像劇で好評を得て、2012年再演、2013年春に再々演が行われた。そしてさらに今年、連続TVドラマ化もされ、TVK(テレビ神奈川)、TOKYO MX始め全国の放送局でオンエア、現在もBS フジで放送中(毎週日曜24時~)だ。舞台、ドラマ、どちらも、劇中でキャストは、歌い踊り、奇想天外な設定や展開を気合でギャグにし倒す、という、ナンセンスでハイブローな"おすふんワールド"が展開され、一度迷い込むとクセになる中毒性でファンを拡大している。

シリーズの舞台は、とある高校「聖エルモス学園」。初演では、学園に転入してきた”何の変哲もないこと”が悩みの転校生・富永一郎太が、ある日「白ふん流し」という伝説の行事を復活させようと奔走する仲間達と出会い、いつしか強くたくましくなってゆく成長物語が描かれた。初演のラストで行われた「白ふん流し」は、見どころのひとつで、観客も物語の一員になり、舞台を盛り上げていた。

その「白ふん流し」から1年後が今回の新作『続!!押忍!!ふんどし部!!』の設定。あれから1年経ち、「白ふん流し」復活に向けて一丸となったはずの「ふんどし部」は、ばらばらに。あれだけ純粋で一生懸命だったはずの富永一郎太がふんどしへの情熱を失い、まったく人格が変わってしまっている。メンバーがそれぞれの道を歩もうとしていたその時、聖エルモス学園には、羽鳥兄弟を越える、新たな強敵が……。富永は、ふんどし部メンバーは、どうなるのか!? 前作からさらにパワーアップした奇想天外な展開。盛りだくさんの歌、ダンス、そして、今回初披露する、ある伝統芸能の技を盛込んだ新パフォーマンスも。富永をはじめ、おなじみのキャラクターが、生き生きと舞台上を動き回り、めまぐるしい程の衣装の早替え、躍動的な動きで、観客のテンションも上昇させていく。

富永を演じるのは、初演と再演で主演を務めた木戸邑弥。昨年の怪我休養からの復活公演だ。木戸は初日に向け、「僕は今回、この舞台で復帰となりますが、舞台に帰ってくる事ができて嬉しいです。こうやってパフォーマンスができるくらいに回復できました。僕以外のふんどしメンバーも、個々に成長し、前回よりも面白い”おすふん”になっているので、期待して見に来て下さい!これからも、僕を含め「押忍!!ふんどし部!」の皆を宜しくお願いします!!」とコメントしている。

公演は9月6日(金)から16日(月・祝)まで、東京・CBGKシブゲキ!!にて。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング