ソニー、ハイレゾ音源対応の小型・軽量ヘッドホン/ヘッドセット「MDR-10」シリーズ4機種

2013.9.6 20:29配信

ソニーは、コンパクトなボディに高音質を実現する機能をつめこんだオーバーヘッドタイプの密閉型ヘッドホン「MDR-10」シリーズから「MDR-10R」「MDR-10RC」「MDR-10RBT」「MDR-10RNC」の4機種を10月25日に発売する。

「MDR-10」シリーズは、広帯域(4Hz~40kHz)再生を実現する専用40mmHDドライバユニットを採用。可聴帯域以上の音で空間全体の音の広がりを表現する。CD音源より高音質のハイレゾ音源に対応。重低音リズムの正確な再現にこだわり、ハウジング上にポートを設置した。低音域での通気抵抗を調整し、振動板の動作を最適化することで、低音域の立ち上がり/立ち下がりを改善している。

低反発ウレタンフォームのイヤーパッドと、イヤーパッドが内側に倒れ込む構造を採用したエンフォールディングストラクチャーによって、快適な装着性と高い気密性を確保。音漏れを低減し、重低音域の迫力を正確に伝える。

マイクとリモコンを搭載したコードを付属し、スマートフォンのハンズフリー通話に対応。「着信/終話」、音楽や動画の「再生/一時停止」などを操作できる。スタンダードモデル「MDR-10R」のカラーはブラックとホワイトの2色。価格はオープンで、実勢価格は1万9000円前後の見込み。

「MDR-10RC」は、持ち運びに便利な折りたたみ機構を採用。耳のせ型なので、エンフォールディングストラクチャーは採用していないが、軽量で耳触りのよいイヤーパッドで長時間のリスニングも快適だ。カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万9000円前後の見込み。

「MDR-10RBT」は、Bluetooth機能を搭載したヘッドセット。ワイヤレスで音楽再生やハンズフリー通話ができる。NFC(近距離無線通信 )に対応し、ヘッドホンにタッチするだけでペアリング/接続切替え/電源をコントロールする。高品位伝送のAAC/apt-Xのコーデックに対応する。フル充電時の連続再生時間は約17時間で、充電時間は約2.5時間。価格はオープンで、実勢価格は2万7000円前後の見込み。

「MDR-10RNC」は、デジタルノイズキャンセリング機構を搭載。内側と外側にセンサを配置し、騒音を打ち消す逆位相の音を高精度に生成することで、ノイズを99.4%遮断する。周囲の騒音を分析し、最適なノイズキャンセリングモードを選択する「AIノイズキャンセリング機能」で、環境に合わせた効果的なノイズキャンセリングができる。

40mmHDドライバユニットはないが、デジタルイコライザとフルデジタルアンプ「S-Master」を搭載し、ノイズキャンセリングヘッドホンながらクリアで迫力のある高品位なサウンドを実現する。電源は単4電池×1で、連続再生時間は約20時間。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング