I・Oデータ、電源タップ一体型USB3.0対応ハブ「HD-U3HB4TP」、テレビ録画用HDDをすっきり配置

2013.9.10 12:38配信
HD-U3HB4TP

アイ・オー・データ機器は、業界初の電源タップ一体型USB3.0ハブ「HD-U3HB4TP」を、9月上旬に発売する。価格はオープンで、オンラインショップ「アイオープラザ」での価格は7980円。

USB3.0ポート×4、電源コンセント×7(上面4、側面3)を搭載し、1台で外付けHDDを最大4台同時にテレビやPCに接続できる。電源は内蔵で、出力はUSBポートが合計2A、電源コンセントが合計1400W。

テレビに2TBの外付けHDDを4台接続し、地上デジタル放送をTSモードで録画した場合、約1000時間分の録画ができる。また、HDDのACアダプタも接続できるので、複数台の外付けHDDをテレビやPCの周辺にすっきり配置できる。

電源コンセントの差込み口は、間隔を広めに配置。ACアダプタ同士が干渉しあうことなくピッタリと接続でき、ACアダプタの形状によっては側面の電源コンセントに接続することでスマートに配置できる。上面が幅の広い構造なので、ACアダプタを上部のコンセントに連続で接続しても、重みに耐えて安定した状態を保つ。電源プラグは、壁面コンセントに接続しやすいL字型。

対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP(SP3以降)、Mac OS X 10.7~10.8。対応機器は、液晶テレビ「レグザ」(東芝)、「アクオス」「ICC PURIOS」(シャープ)、レグザチューナー「D-TR1」(東芝)、「PlayStation 3」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)。

サイズは幅320×高さ36×奥行き66mmで、重さは約530g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング