瑛太が注目のディズニーアニメ『プレーンズ』で声優初挑戦

2013.9.11 10:27配信
『プレーンズ』日本語版キャストを務める瑛太 (C) 2013 Disney Enterprises. Inc. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサーの人気作『カーズ』シリーズからインスピレーションを受けた新作映画『プレーンズ』の日本語版キャストに瑛太が決定した。本作がアフレコ初挑戦となる瑛太は農薬散布機ダスティの声を演じる。

その他の写真

本作は、飛行機なのに“高所恐怖症”に悩まされている農薬散布機ダスティが周囲の声に負けず、恐怖に立ち向かいながら世界一周レースで優勝する夢を追う姿を描いた感動作だ。

以前より『カーズ』の大ファンだったという瑛太は「自分にとって大きな夢のひとつ。お話しを聞いた時はとてもうれしかった。これは挑戦しなきゃいけないことだ!と感じました」とコメント。実は声優のオファーが届く前から本作に注目していたそうで、オファーの前日に息子と「『プレーンズ』楽しみだね」と話しており、翌日は家族でディズニー・シーへ。帰宅すると本作の出演オファーが届いていたそうで「運命的なものを感じました」と語る。

これまで数々の役を演じ、人気を集めている瑛太だが声優は初挑戦で、「最初はうれしいという気持ちが先行しましたが、少しずつ声優としての実感も湧き、プレッシャーも感じています。ディズニー作品の主人公は、子供にも大人にも愛されるキャラクターなので、大きな責任を感じます」と語っている。

本作は12月に公開されるが、早くも今週末14日(土)からムビチケカードと全国共通券の発売が始まり、主人公・ダスティのストラップが数量限定で特典としてプレゼントされる。

『プレーンズ』
12月21日(土) 2D・3D同時公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング