arrows Tab F-02Kのブラック

NTTドコモは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製のLTE・防水対応タブレット端末「ドコモ タブレット arrows Tab F-02K」を2月23日に発売する。カラーはブラックとオフホワイトの2色。

解像度2560×1600、約10.1インチの超高精細ディスプレイを搭載し、独自の映像処理エンジンで映像を美しく表示する。本体2か所には、壁にさっと立てかけられる滑り止め機能「グリップエッジ」も施した。

また、滑らかな書き心地のWacom製のスマートスタイラスペンが付属し、加えた力の強弱によって繊細な線から太く力強い線まで自在に書き分けられる。筆圧感知は4096段階。ロック画面から認証操作なしですばやくメモを書くことができ、紙のノートや手帳代わりとして活用できる。

使いやすいシンプルメニューに加え、料理のレシピ検索や天気予報の確認など、音声による操作に対応。音声認識用アレイマイクで人の声と生活音を分離し、離れた場所からでも利用者の言葉を認識するので、画面が消えても「会話モード」で話しかければすぐに反応する。音楽再生中にジェスチャーで音量を変えたり、話しかけて別の楽曲を探したり、遠隔操作も可能だ。OSはAndroid 7.1。

IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を備え、米国防総省の調達基準であるMIL規格14項目準拠の耐久試験をクリア。CPUなども高性能で、大容量バッテリ、ワンセグ/フルセグ、安心・スピーディな虹彩認証機能、受信時最大の450Mbpsの高速データ通信対応など、高スペックを追求した。サイズは高さ173×幅256×厚さ6.9mm、重さは441g。

なお、デザイン面でも評価され「iF DESIGN AWARD2018」「GOOD DESIGN賞2017」を受賞している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます