ヤマハ、iPhone/iPod touch/iPad向けリアルタイム歌声合成ゲーム「ボカロダマ」、「VOCALOID」の新技術を搭載

2013.9.12 11:50配信
ボカロダマ

ヤマハは、9月11日、歌声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」の新技術を搭載したiPhone/iPod touch/iPad対応ゲームアプリ「ボカロダマ」の提供をApp Storeで開始した。価格は無料。

画面を流れてくるさまざまな色の玉「ボカロダマ」を、指先で左右にスライドして、同じ色のパイプの上に重ねるゲーム。操作に成功すれば正しい音程で歌い、スコアが加算される。失敗すると、間違った音程で歌う。

連続で成功するとコンボが成立し、さらに成功が続くとフィーバー状態となり、より高いスコアを目指すことができる。また、ランダムで出現するアイテム「キャンディ」を同じ色のパイプの上に重ねると、一定時間、通常より高いスコアを獲得できる。

ゲーム中の歌声は、リアルな滑舌と、力強く伸びのあるロングトーンの日本語女声の歌声ライブラリ「VY1」を採用。難易度は3段階で、より難しいものを追加購入することもできる。プレイすればするほど、楽曲ごとに設定されたレベルが上がり、獲得できるスコアが通常よりも高くなるので、より高いスコアを狙う楽しみがある。

アップルが提供するソーシャルゲーミングネットワーク機能「Game Center」に対応し、全国のプレイヤーとスコアを競って楽しめる。収録曲は、「ふるさと(故郷)」「トロイカ(寿司)」「トルコ行進曲 - オワタ\(^o^)/」の3曲で、アプリ内の「ショップ」メニューから、ヒットソングを中心とした追加楽曲パックを購入できる。追加楽曲パックは、「ヒット曲パック」「子供曲パック」「ボカロ曲パック」などの配信を予定している。価格は各300円。

歌声合成技術「VOCALOID」によって、iPhoneやiPadなどの端末上で、歌声をリアルタイム、低遅延で合成する新技術を搭載。プレイヤーの操作に合わせて、リアルタイムに正しい音程の歌声の合成や、間違った音程での歌声の合成に対応する。ヤマハは、法人を対象にこの技術を使用するためのSDK(ソフトウェア開発キット)を提供する。

対応機種は、iOS 6.1以降を搭載したiPhone 5/4S、iPod touch 第5世代、iPad 第4世代/第3世代/iPad 2、iPad mini。

・「ボカロダマ」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング