オンキヨー、ベースタイプの「LS-T10」などスピーカー3機種、テレビまわりの環境にフィット

2013.9.12 16:52配信
LS-T10

オンキヨーは、テレビまわりの環境にフィットするシアターシステム製品として、ベースタイプの「LS-T10」を10月上旬に、バーシステムとサブウーファーのセット「LS-B50」を10月末に、バーシステムの「LS-B40」を11月上旬に、それぞれ発売する。

部屋全体で再生しているような自然で立体的な音場を形成する独自の「AuraSphere」と、立体的な広がりと明瞭感あるサウンドを再生する6chのデジタルアンプを搭載。セリフを明瞭に再生する「Newsモード」をはじめ、「Movieモード」「Musicモード」の三つのサウンドモードを搭載する。

テレビまわりのインテリアになじむ、シックでシンプルなデザインを採用。ケーブル1本でテレビと簡単に接続でき、テレビのリモコンを使って本体の電源オン/オフや、音量調整ができる。

Bluetooth 2.1+EDRに対応し、スマートフォンやタブレット端末など、Bluetooth搭載機器でワイヤレス音楽再生が楽しめる。また、USBメモリに保存した音楽ファイルを再生できる。

「LS-T10」は、アンプとウーファーを搭載したベースタイプ。直径7cmのフルレンジスピーカー×6と底面に12cmウーファーを搭載し、躍動感ある低音を奏でる。

本体は耐荷重が35kgで、上に40インチ以上のテレビを置くことができる。サイズは幅700.0×高さ105.0×奥行き350.0mmで、重さは8.7kg。価格はオープンで、オンラインショップのONKYO DIRECTでの価格は5万2800円。

「LS-B50」「LS-B40」は、40インチ以上のテレビに適した幅900mmのバーシステム。スピーカーユニット×8で、クリアで立体的に広がるサウンドを再現する。テレビの受光部を覆ってしまってもリモコンが使用できるIRフラッシャーが付属する。

「LS-B50」は、置き場所を選ばないワイヤレスサブウーファーが付属。バーシステム部はサイズが幅909.0×高さ96.3×奥行き95.5mmで、重さは3.9kg。サブウーファー部は幅261.0×高さ337.0×奥行き269.0mmで、5.8kg。価格はオープンで、ONKYO DIRECTでの価格は6万4800円。

「LS-B40」は、幅909.0×高さ96.3×奥行き95.5mmで、重さは3.9kg。価格はオープンで、ONKYO DIRECTでの価格は4万2800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング