パナソニック、公募デザインのデジタルカメラ「DMC-XS1-ZK」「DMC-XS1-ZW」を限定販売、全50種類

2013.9.12 20:3配信
DMC-XS1-ZK、DMC-XS1-ZW(デザイン例)

パナソニックは、9月12日、デジタルカメラ「LUMIX」シリーズの新製品として、クラウドソーシングによる公募デザインを採用したコンパクトデジタルカメラ「DMC-XS1-ZK」と「DMC-XS1-ZW」を、オンラインショップのCLUB Panasonic My MALL限定で発売した。デザインは全50種類で、価格は1万8800円。

ランサーズが運営するクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を活用して、一般のデザイナーから白、緑、青、赤、黄色をテーマに広くデザインを公募。1303件の応募デザインの中から、50種類を選んで発売する。

ベースモデルの「DMC-XS1」は、総画素数1660万画素の2.33分の1インチCCD減色カラーフィルタと、焦点距離4.3~21.5mm(35mmフィルム換算で24~120mm相当)の光学5倍ズームレンズを搭載。レンズには光学式手ブレ補正機構を備える。

気軽に持ち歩けるスリム・軽量のスタイリッシュなデザインを採用し、多彩な表現ができる「クリエイティブコントロール」「クリエイティブレタッチ」など、充実した撮影機能を搭載する。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、約90MBの内蔵メモリを搭載。サイズは幅93.8×高さ53.5×奥行き17.6mmで、重さは約103g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング