EIZO、液晶ディスプレイ2機種の名称を変更して発売

2013.9.13 15:12配信
FORIS FS2333-A

EIZOは、23.0インチ液晶ディスプレイ「FORIS FS2333」の製品名を「FORIS FS2333-A」に、21.5インチ液晶ディスプレイ「FlexScan EV2116W」の製品名を「FlexScan EV2116W-A」に変更して、10月1日に発売する。

製品名の変更は、為替変動などによる部材コストの上昇を受け、製品価格を改定することに伴うもので、機能やスペックなどの変更はない。

「FORIS FS2333-A」は、23.0インチのノングレアIPS液晶パネル(解像度1920×1080)、出力500mW+500mWのステレオスピーカーを搭載し、映像入力はDVI-D×1、HDMI×2、D-sub15ピン×1を備える。

サイズは幅545.0×高さ390.0~450.0×奥行き200.0mmで、重さは約5.4kg。価格はオープンで、オンラインショップのEIZOダイレクトでの価格は4万3800円(旧製品名時の価格は3万9800円)。

「FlexScan EV2116W-A」は、21.5インチのノングレア液晶パネル(解像度1920×1080)、出力500mWのモノラルスピーカーを搭載し、映像入力はDVI-D×1、HDMI×1、D-sub15ピン×1を備える。

サイズは幅508.0×高さ373.5×奥行き157.0mmで、重さは約5.0kg。カラーは、ブラック、セレーングレイの2色。価格はオープンで、EIZOダイレクトでの価格は2万9800円(旧製品名時の価格は2万6800円)。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング