ソニー、GPS搭載で楽しみ方が広がった新アクションカム「HDR-AS30V」、腕時計型ライブビューリモコンと連携

2013.9.17 18:50配信
HDR-AS30V(右は付属のウォータープルーフケース「SPK-AS2」装着時)

ソニーは、身体や自転車などに取りつけて、アクティブなスポーツシーンでも迫力のある体感映像を撮影できるデジタルビデオカメラ「アクションカム」の新製品として、「HDR-AS30V」を10月11日に、カメラ本体にライブビューリモコン「RM-LVR1」が付属する「HDR-AS30VR」を12月6日に発売する。価格はどちらもオープンで、実勢価格は「HDR-AS30V」が3万円前後、「HDR-AS30VR」が4万円前後の見込み。

撮像素子には、配線層をフォトダイオード(受光素子)の裏側に配置した裏面照射型「Exmor R」CMOSイメージセンサを搭載。入射光を効率よく利用して感度性能を改善し、夕刻や低照度下の暗いシーンの撮影でもノイズの少ないきれいな高画質撮影ができる。

広角170°の「カールツァイス テッサー」レンズを搭載。見たままの臨場感のある映像を撮影し、被写体を高いコントラストで色鮮やかに記録する。また、1190画素、広角170°の静止画撮影に対応し、電子式手ブレ補正によって激しいアクションスポーツでもブレの少ない動画を撮影できる。

ライブビューリモコン「RM-LVR1」は、カメラと無線LANで通信することで、カラーモニタで画角の確認や撮影のスタート/ストップなどの操作ができ、カメラ本体を頭上や離れた場所に設置して手元で操作できる。マリンスポーツや雨天で使用できる水深3mまでの防水性能や、ウィンタースポーツに対応する耐低温性能を備える。

「RM-LVR1」は12月6日の発売で、価格は1万5750円。従来モデル「HDR-AS15」でも使用できる。

従来モデルと比較して重さを35%軽量化するとともに、体積を25%小型化。風圧や水圧を受けにくく、視界を遮りにくいコンパクトで細長のデザインを採用し、頭部に装着したり、自転車に搭載したりする際にもじゃまにならない。

側面ボタンを採用したことで、ケースを装着したままでも操作でき、集音性能を向上したので、ケースに入れた状態でもクリアな音が記録できる。

無料ソフト「PlayMemories Home」を使えば、内蔵GPSによって記録した位置情報をもとに、地図上に軌跡を表示したり、軌跡やスピードメーターを動画に表示したりできる。また、二つの動画を一つに統合する機能や、動画をYouTubeやSNSにアップロードする機能、90°ごとに動画を回転する動画回転機能などを備える。

NFC(近距離無線通信)で、対応するAndroid搭載スマートフォンと簡単につなぐことができる。また、カメラを上下逆さに装着しても、画面が上下反転して正方向で撮影できる上下反転モードを新たに搭載する。

対応メディアは、メモリースティックマイクロ(MARK2)、microSDXC/microSDHC/microSDカード(Class4以上を推奨)。連続撮影時間は約3時間5分で、充電時間は約4時間5分。ウォータープルーフケース「SPK-AS2」と、接着式マウント「VCT-AM1」が付属する。サイズは幅24.5×高さ47.0×奥行き82.0mmで、重さは約90g。

別売のアクセサリとして、自転車のハンドルやシートポストなどに装着するロールバーマウントや、チルトや水平調整ができるユニバーサルヘッドマウントキット、チルト/パン撮影に対応するチェストマウントハーネス、平滑面に吸着するサクションカップマウント、カーチャージャーキット、60m防水対応のアンダーウォーターハウジングを用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング