KDDI、iPhoneの修理代金を最大で1万5600円分サポート、「auスマートパス」会員向けサービスを拡充

2013.9.25 11:32配信

KDDIと沖縄セルラーは、iPhone/iPadの端末故障(自損・水没)時に修理代金をサポートするサービスを拡充した。

月額390円の定額サービス「auスマートパス」会員向けに、今年4月からiPhone/iPadの端末故障(自損・水没)時に修理代金をサポートするサービスを提供している。別途、アップルが提供しているサポートサービス「Apple Care +」に加入していれば、実質0円でiPhoneを修理することができる。

サービス拡充は、「Apple Care +」の料金改定に対応するもので、9月11日以降にiPhone購入と同時またはそれ以前に「auスマートパス」に加入したユーザーを対象に、最大1万5600円(1回あたり最大7800円、2年間で2回まで)分をサポートする。

9月10日までにiPhone購入と同時またはそれ以前に「auスマートパス」に加入したユーザー向けについては、「Apple Care +」の料金に変更がないことから、「auスマートパス」のサポート金額についても従来通り1回最大4400円。iPad/iPad miniユーザーについては、購入日に関係なく従来通り1回最大4400円をサポートする。

修理代金のサポートは、端末の購入から2年以内、最大2回まで受けることができる。申請には、Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダの修理報告書が必要。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング