泉精器製作所、往復式シェーバー「VIDANシリーズ」5機種、IPX7の防水基準をクリア

2013.9.25 16:27配信

泉精器製作所は、9月20日、ミドルモデルの往復式シェーバー「VIDAN(ヴィダン)シリーズ」から、「IZF-V11」「IZF-V21」「IZF-V31」「IZF-V41」「IZF-V51」の5モデルを発売した。価格はオープンで、実勢価格は2500~6000円前後。

すべての機種がIPX7防水基準をクリアし、ドライシェービングよりも肌にやさしいウェットシェービングに対応。水洗いができるので、洗い流すだけで手入れができる。

スイッチボタンをロックして誤動作を防ぐ「トラベルロック機構」や、充電の完了を視覚的に知らせる充電完了表示を備える。使用可能日数は、従来モデルよりも1日長くなり、8日間使用できる。

「IZF-V21」「IZF-V31」「IZF-V41」「IZF-V51」は、寿命を従来の約2倍(約2年)に向上した「Eシャープ内刃」を採用。さらに、内刃の刃先角度を鋭角の60°とすることで、切れ味と耐久性を両立している。

「IZF-V41」と「IZF-V51」には、ヘッド部が前後に18°動く「フレックスフローティングヘッド」を搭載し、肌への密着性を高め、アゴ下などの剃り残しの多い部分にもヘッドが滑らかに追従する。これによって、従来機種と比較して、剃り性能を23%向上した。また、「トラベルロック機構」には電子式ロックを採用する。

さらに「IZF-V51」は、6種の異形パターンを最も効率よく配置することによって、360°さまざまな方向に生えたヒゲを捕らえる「マルチウェイ外刃」を搭載している。

「IZF-V11」は1枚刃で、充電時間は8時間。「IZF-V21」は2枚刃で、充電時間は8時間。「IZF-V31」は3枚刃で、充電時間は1時間。カラーは、シルバー、ブラックの2色。「IZF-V41」は3枚刃で、充電時間は1時間。「IZF-V51」は3枚刃で、充電時間は1時間。カラーは、ブルー、ブラックの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング