「ゆう」が何でも答えます!

SBYは2月26日、「情報発信基地」をコンセプトに常に新しい情報、商品を発信し続けている旗艦店のSHIBUYA109で初めてAI(人工知能スタッフ)を2月23日に雇用したと発表した。渋谷の達人になるために勉強中の新人スタッフ「ゆう」が設置されており、何でも答えてくれる。

タッチパネル機能、最新の音声認識技術、自然な会話応対が可能なデジタルサイネージ版で、来店者の問い合わせに対して音声やテキストで対応する。AIスタッフの設置は、人間のスタッフに代わって接客などの業務を行うことで業務効率化が可能となるほか、来店者からの質問内容をすべてデータ集積・分析して顧客サービスの向上につなげるのが狙い。今後は、日本語だけでなく英語、中国語、韓国語での対応もマルチリンガルコンシェルジュとして外国人観光客向けのインバウンドに対応することも予定している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます