野菜室が中央でも従来同等の省エネと容量を実現した「MXシリーズ」

三菱電機は2月26日、野菜室の出し入れをしやすくした冷蔵庫「MXシリーズ」の新製品2機種を3月30日に発売する。税別の実売価格は、572リットルの「MR-MX57D」が40万円前後、503リットルの「MR-MX50D」が36万円前後。最近では、野菜室を最下段に置く冷蔵庫が主流だが、野菜室を中央、冷凍室を下に配置するレイアウトとし、調理中の食材の出し入れをしやすくした。

かつて冷蔵庫市場では中央に野菜室をもつ機種が多数派だったが、中央に冷凍温度帯を集中させる設計のほうがエネルギー効率が高いことから、10年ほど前に主流が逆転し、野菜室が中央の製品は機種ラインアップが少なくなっていた。新製品では断熱構造の工夫により、野菜室を中央にしても冷凍室が中央の機種と同等のエネルギー効率と庫内容量を実現した。

高山博夫・静岡製作所冷蔵庫営業統轄部長は、「消費者の需要は野菜室をよく使う『野菜こだわり派』と、『冷凍ストック派』に二分化されている。両方の対応するには、異なる2つのラインアップが必要」と説明。消費者は冷蔵庫の買い換え時、使い慣れた配置を求める傾向にあることから、同社では冷凍庫が中央の「WXシリーズ」と、今回発表したMXシリーズの二本立てで需要に対応する。製造行程等でのコスト増のため、同等の容量・機能を搭載した機種を比較するとMXシリーズのほうが約2万円ほど高額になる見込みという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます