ソニー、スマートフォンと連携するウォークマン「NW-M505」、ヘッドホン一体型「NW-WH303」と防水対応「NW-W274S」も

2013.9.26 15:49配信

ソニーは、携帯オーディオプレーヤー「ウォークマン」の新製品として、スマートフォンとの連携を強化した新シリーズ「ウォークマン M」の「NW-M505」を12月7日に、「ウォークマン W」シリーズの新製品として、ヘッドホン・スピーカー一体型の「NW-WH303」と8GBのメモリを搭載した防水対応モデル「NW-W274S」を10月19日に発売する。

「NW-M505」は、フルデジタルアンプ「S-Master MX」を搭載し、音声信号をフルデジタル処理することで、音の歪み、音質劣化、変換時に生じるノイズのレベルを抑制する。さらに、音の情報量を保持しながらボリュームをより細やかに調整できるパルスハイトボリュームの採用で、小音量でも高い解像度の音質を維持して繊細な音まで原音を忠実に再生する。

周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を備え、使用環境に応じて、「室内」「電車・バス」「航空機」の3種類のモードを選択できる。スピーカーの開発を通して培った高音質技術「クリアフェーズ」をヘッドホン向けに展開。デジタル信号処理によって付属ヘッドホンの音響特性を補正して、個々の楽器やボーカル音が際立ち、明瞭な音場定位や奥行きがあり、臨場感溢れるサウンドを実現する。

スマートフォンとBluetooth接続する「ワイヤレスステレオヘッドセット機能」で、スマートフォンに保存している音楽や動画を、ウォークマンの高音質機能で臨場感溢れるサウンドで楽しめる。また、内蔵マイクでスマートフォンにかかってきた電話に出ることができ、デジタルノイズキャンセリング機能によって騒がしい場所でも快適に会話することができる。

NFC(近距離無線通信)機能で、NFC搭載スマートフォン「Xperia」のワンタッチリスニングに対応。細かな設定を行うことなく、ワイヤレスで接続できる。

アルミニウム合金を使用したコンパクトで高級感のある本体は、ジャケットやシャツなどに付属のクリップで留めても違和感がないほど軽量。ディスプレイを見ずに曲送りなどの操作ができるシャトルスイッチを採用する。

内蔵メモリは16GB。連続再生時間は約15時間で、Bluetooth音楽再生時は約10時間。充電時間は約3時間。サイズは幅85.5×高さ19.1×奥行き15.9mmで、重さは約40g。カラーは、シルバー、バイオレット、ブラック、ピンクの4色。価格はオープンで、実勢価格は1万8000円前後の見込み。

「NW-WH303」は、ヘッドホン・スピーカー一体型のスタイルで、ケーブルのわずらわしさを解消している。サウンドエンハンスメントボタンで、低音を強調し、迫力のある重低音で音楽を再生する「モード1」と、中高域に伸びのある鮮やかな音で音楽を再生する「モード2」の、2種類の音響効果を切り替えて楽しめる。

ヘッドホンとは別に専用のスピーカーを搭載。独自の音量増強技術「xLOUD」と、スピーカー用に新たに開発したサラウンド技術「VPT(virtualphones technology)」によって、首にかけた状態で音楽が頭の周囲を包み込むような全く新しい音楽体験を高音質で提供する。

直径30mmのドライバユニットによる高音質再生と、音の解像度を高める300KJ/m3の高磁力ネオジウムマグネットやCCAWボイスコイルの採用による高耐入力1000mWを実現。持ち運びに便利なスイーベル折りたたみ機構で、フラットに収納して持ち運ぶことができる。

このほか、曲の盛り上がり部分だけを次々にダイジェスト再生で聴くことができ、曲検索などに便利な「ZAPPIN」機能を備える。

内蔵メモリは4GB。連続再生時間は、ヘッドホンモード時が約20時間、スピーカーモード時が約5時間で、充電時間は約2時間。重さは約292g。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。

「NW-W274S」は、IPX8の防水機能を備えた「NWD-W273」の後継モデルで、内蔵メモリを4GBから8GBに増やすとともに、標準タイプのイヤーピース(S/M/L/LL)に加えて、新たにヘッドホン部への浸水を防ぐ水泳用イヤーピース(S/M/L/LL)が付属する。また、付属ソフト「Media Go」を使ってPC上で作成したプレイリストを転送し、好きなテーマでまとめた音楽を再生できる。

連続再生時間は約8時間で、充電時間は約60分。重さは約29g。カラーは、ブルー、ブラック、ホワイトの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万3000円前後の見込み。

ソニーは、この2シリーズを含め、「ウォークマン」6シリーズを発表。上位モデルとして、ハイレゾ音源に対応する「NW-ZX1」「NW-F880シリーズ」もラインアップしている。共通の特徴として、Windowsだけではなく、新たにMacに対応し、簡単転送アプリ「Content Transfer for Mac」が付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング